« コトブキヤ 1/144「ヴァイスリッター」レビュー(後編) | トップページ | 拍手レス »

2007年4月23日 (月)

コトブキヤ 1/144「ヴァイスリッター」レビュー(前編)

1/144 S.R.G-S 009
ヴァイスリッター

 


白の騎士

 ゲシュペンストMk-IIを母体とする、次期量産機の試作機。
 量産機に偏った性能なんて必要ないというのに、装甲を犠牲にした運動性能と、ひたすら射程外から狙撃することを考えた武装を装備したせいで、当たれば終わり近づかれたら終わりという、マリオン博士テメーが乗って見ろといいたくなるような性能に。
 だがそれがいい。

 


 

 元となったゲシュペンストの面影を残しつつ、パッと見を大きく変えたヴァイスリッター。
 この体格のよさは空戦用じゃねえよなぁ…と思いつつも、なんとなく軽そうに見えるのは機体色が白多目だからだろうか?
 色分けは良好。
 全身にスミ入れするだけで、ほぼOKじゃなかろーか。
 ワンポイント塗装で済ませられるのがいいね。
 
 

 肘、膝ともに90度程度。
 肩は若干前後にスイング。
 腰も結構大きく回るので、ポーズがつけやすい。
 股関節が、パーツが干渉して前に大きくあげる子tが出来ないのが難点か。
 太ももの根元と膝関節がはずれ易いので、膝関節のほうは接着しちゃってもいいかも。
 さすがに太ももの根元は接着できないけど。
 手首のボールジョイントが若干へたれるのが早いかんじ。

 

 付属品は、両の平手とプラズマカッター(持ち手付)。
 オクスタンランチャー(持ち手付)。

 

 今回の塗装ポイントはカメラアイ。
 奥まっててほとんど見えないけどな!!

 


プラズマカッター

 プラズマカッターの柄と握り手は、一応別パーツ構成。
 こういう形態だと、見た目もいいしポロリもなくて安心して遊べるね。
 相変わらず、クリアパーツが二つ引っ付いてくるけど。

 

 


オクスタンランチャー

 やっぱりでかい。そして取り回しが悪い。
 まぁ、ファルケンのオクスタンライフルほどじゃないけど。
 こちらも専用の持ち手がついてくるうえに、持ち手に角度がついているので構えやすい。
 ちょっと手首がヘタリそうになるけどな。

 

 

アクション集

|

« コトブキヤ 1/144「ヴァイスリッター」レビュー(後編) | トップページ | 拍手レス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198863/14825029

この記事へのトラックバック一覧です: コトブキヤ 1/144「ヴァイスリッター」レビュー(前編):

« コトブキヤ 1/144「ヴァイスリッター」レビュー(後編) | トップページ | 拍手レス »