« 食玩 ミニプラ「ゲキレンジャーエアロアームズ FAゲキレッド」レビュー | トップページ | 戯言&巡回 »

2007年5月23日 (水)

食玩 ミニプラ「ゲキレンジャーエアロアームズ ゲキバット」レビュー

食玩 ミニプラ ゲキレンジャーエアロアームズ
ゲキバット

 


激蝙蝠!!

 毎度神がかり的な出来のミニプラシリーズ。
 第二のパワーアップメカ「ゲキバット」が早くも登場。
 蝙蝠とはなかなか玄人好みのチョイス。
 まぁ、きっと理由が(ry

 

 とにかく、ひたすら横にデカイ。
 そして、例によって真っ青な背中。
 相変わらず、パーツ数はコレでもかとあるのには感動。全部青ランナーだけど。
 象のときと違って、ちゃんと合体時の顔が隠れてるのが進化の証か。

 

 翼部分に二箇所の可動。
 翼の先端部分も可動。
 首も多少振ることが出来る(合体のための可動だけど)。
 蝙蝠モチーフと考えれば、結構動いてると思う。

 

 翼の付け根にあるのはミサイルなんだってねー。取り外し可能。
 スプリングギミックでも…とワクテカしてたけど、さすがに無理か。

 

 大きさ比較。
 まぁ、当然といえば当然だけど、薄い。
 その代わり、横へのボリュームはシリーズ中最大。
 象が小さく見える。

 


 

ゲキバットージャ!!バーニンアップ!!!

 背中の四つのハードポイントを使用。
 加えて、両手に取っ手を取り付けてゲキバットージャ完成。
 なんか磔にされてるみたい。

 

 首と両腕の可動が死亡。
 肘関節を曲げるだけなら可能だけど、ほとんど意味がないしねぇ…。
 その他の可動はノーマル時と変わらず。
 まぁ、両腕を固定して使用することが前提になってるから、問題はないんだけど。

 

 両腕を固定することにこだわらなければ、象と蝙蝠同時装備も可能。
 なかなか重装備っぽくなってカッコいいんだけど、なんかだんだん悪役っぽくなってきたなぁ…。

 

 

 

 

 

「――問おう。貴方が、私のマスターか?」
 
「違う。帰れ。」


 …いや、なんか似てるもんでつい。
 

 本来の装備方法である、腕を翼につけた状態だと若干面白みにかけるねー。
 DX版だと、回転ギミックがあるからそれなりに遊べるんだろうけど。
 ……おぉ、ミニプラ扱いはじめて、初めてDXを褒めた気がするw
 まぁ、ミニプラ版にはFAゲキレッドもあるので、DXとはまた別の遊び方が出来るけどね。
 造形的には好きな部類。
 特に合体時の頭部は、ヒーロー然とした雰囲気を一気にダークヒーローへと傾けるのでお気に入り。
 次も楽しみだねー。

|

« 食玩 ミニプラ「ゲキレンジャーエアロアームズ FAゲキレッド」レビュー | トップページ | 戯言&巡回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198863/15178148

この記事へのトラックバック一覧です: 食玩 ミニプラ「ゲキレンジャーエアロアームズ ゲキバット」レビュー:

« 食玩 ミニプラ「ゲキレンジャーエアロアームズ FAゲキレッド」レビュー | トップページ | 戯言&巡回 »