« コメントレス | トップページ | 1/144 HG00-04「ガンダムキュリオス」レビュー(後編) »

2007年11月22日 (木)

プレインモデル「エンキ&エンキドゥ」レビュー

プレインモデルコレクションシリーズ04
エンキ&エンキドゥ

 


ヴィラル専用ガンメン

 武器屋から発売のグレンラガンプラモシリーズも、ついに4体目。
 ある意味兄貴ことカミナの最大のライバル、ヴィラルの駆るエンキ&エンキドゥが登場。
 エンキドゥドゥは、さすがにありません。

 

 プロポーションは相変わらず良好。
 しかしながら、今までのモデルに比べると色分けが甘め。
 キングキタンとダヤッカイザーはまだしも、グレンラガンはかなり良好だったのになぁ。
 

 可動は肩と股関節と足首。
 肩は前後に動くだけ。股関節は昔のBB戦士みたいな感じで、実質回転するだけ。
 足首こそそこそこ動いて接地性もいいものの、足が殆ど動かないので意味無し。
 まだこれなら、キングキタンやダヤッカイザーのほうが可動したわ…。 

 

 「エンキラッガー」を装備したエンキドゥ。
 胴体上部から差し替え。
 最初見たとき、兜の部分が本当の頭だと思ってたもんさ…。 

 

 今回の塗装ポイントは瞳部分。
 塗装は綺麗で造形もシャープ。カコイイッ!!

 

 武装は「エンキソード」二振り。
 腰の部分に装備可能。

 

 エンキドゥ時のエンキラッガー。
 グレンラガンのサングラスと同じで、はずして持たせることが出来ます。
 ……持たせるというより、挿してるだけといえなくもないのもグレンラガンと同じ。
 可動がいかんともしがたいので、せっかくの武装もかっこよく構えられないのがなー…。

 

 グレンラガンと。
 グレンラガンのほうが一回り大きいですな。
 エンキ状態のときは、背丈はほぼおんなじくらいです。

 

 

 カッコいい。カッコいいんだけど、やっぱり可動がねー…。
 色分けも今回ちょっと寂しかったからねー。
 まぁ、エンキとエンキドゥのコンパチが出来るのは魅力かもしれないけど。
 もう少し遊べる要素が欲しいと思うのは、贅沢でしょうか?

|

« コメントレス | トップページ | 1/144 HG00-04「ガンダムキュリオス」レビュー(後編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198863/17156378

この記事へのトラックバック一覧です: プレインモデル「エンキ&エンキドゥ」レビュー:

« コメントレス | トップページ | 1/144 HG00-04「ガンダムキュリオス」レビュー(後編) »