« 1/144HG「ガンダムヴァーチェ」レビュー(後編) | トップページ | テスト »

2008年2月15日 (金)

1/144HG「ガンダムヴァーチェ」レビュー(前編)

1/144 HG00-06
GN-005 ガンダムヴァーチェ

 


重装兵

 さーて、今週のびっくりドッキリメカはー?!
 中の人がいることが判明した、ガンダムヴァーチェだー!!
 伊達や酔狂でデブメカだと思ってたか?(思ってたっ!!)
 
 

 いかにも重厚なプロポーション。
 いまだかつて、ここまでストレートに重装甲・重武装を体現したガンダムがあったであろうか?!
 いや、ない!!(Gガン除く)
 さすがに中の人の再現は無理だったけれど、そこかしこにそれをにおわせる部分がいくつか。
 まぁ、本格的なキャストオフは、1/100で再現してるらしいのでそちらをお楽しみってね。

  

 太いのであんまり動かないかと思いきや、見た目に反して非常によく可動します。
 まずは上半身。
 肘は100度程度まで曲がります。肘の少し上でロール可動。
 肩は、大きく前方に動くのみならず、上方向へも可動。
 これによって、GNバズーカを自然に構えることが可能。
 首が前後に大きく動くので、あごを引けるのがうれしいところ。
 今回は、恒例の帯状の軟質素材はなし。
 
 

 可動下半身。
 さすがに他のガンダムのように正座できるまでは無理。
 それでも、腰を落としたポーズは充分取れるので、ポーズには困りませぬ。
 足首の可動範囲はそれなり。横には少し狭目かな?

 

 背面。
 バックパックとGNキャノンをつなぐアームは、それぞれの基部で可動。
 また、アーム自体にも一箇所可動部あり。
 GNキャノンと脚部に装備されているGNフィールドは設定どおり展開可能。
 見づらいけれど、右側が展開状態です。

 


GNビームサーベル

 やっと…やっとビームサーベル用のクリアパーツが付属してきたよー!!
 サーベル使わないヴァーチェにな
 なんだかものすごく間違ってる気がしなくも無いけれど、付いてきたんだからまぁいいか。

 

 ビームサーベルの柄は、脚部の裏側に装着。
 意外ときっちりはまってて腰とかに刺すよりは良さげな感じ。。

 


GNキャノン

 背中に装備されたビームキャノン。
 砲身は引き出し式。

   


 取り外して、裏側にある取っ手を引き出すことで両腕に装備することが可能。
 中の人時のメイン武装?
 手首の強度が重さに負けるので、長時間の保持は難しいかも。

  


GNバズーカ

 ヴァーチェのメイン武装。
 他のMSを…ガンダムすら…凌駕する破壊力の要。

 
 

 構成は、砲身+グリップ×2。
 砲身とグリップが別々になっており、必要に応じてグリップ位置を取り替える方式。
 砲身両側に取り付けた場合は、大きく横に可動+前後へのスライド可動
 また、グリップ自体にも可動部があり、バズーカを肩に担いだりしてもしっかり握ることが出来ます。
 砲身自体にも、展開+延長ギミックあり。
 まさにギミックの塊といっても過言ではないですな。

  

 

 

 GNバズーカ・バーストモード。

 

アクション集へ

|

« 1/144HG「ガンダムヴァーチェ」レビュー(後編) | トップページ | テスト »

コメント

ヴァーチェは意外と可動がいいですよね、中の人がいると思わせる作りも良くできていますし、その内ナドレもHG化されるのを待ちます。
先週の00の影響かこちらではグラハムフラッグがあまり見かけなくなりましたよ。
見つけたら買おうと思ってます、ガンダム以上に目立った量産機も珍しいですしね。

投稿: うかつ者 | 2008年2月16日 (土) 15時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198863/40123861

この記事へのトラックバック一覧です: 1/144HG「ガンダムヴァーチェ」レビュー(前編) :

« 1/144HG「ガンダムヴァーチェ」レビュー(後編) | トップページ | テスト »