« 戯言&巡回 | トップページ | ぴっころ「武藤まひろ」レビュー(前編) »

2008年3月 9日 (日)

ぴっころ「武藤まひろ」レビュー(後編)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 良きフィギュアですっ!!
 大きな欠点も見当たらず、非常に丁寧な作りという印象。
 本体もさることながら、紙パックやカバン、台座などの小物も細かく出来ていて、「よっぽど好きな人が作ったんだなー」と思ってしまうわけですよ。
 特に紙パックは酷い。もちろんいい意味で。
 バーコードの数字まで読めるってどんだけだ。
 「ぴっころ」というメーカーは初めて知ったんだけど、なかなか好感が持てるメーカーさんだなーとかおもった。
 お勧めフィギュアです。

 

 

 

おまけ

 スカートのおかげで、非常に撮りづらいうえに、撮ってる姿を第三者視点から見たと想像すると非常に死にたくなる今日この頃です。

 黒の縞パンッ!!
 なんと大胆な!!お兄さんは許しませんよッ(?)
 ……とか思っていたら…。
>まあ、、、スカートの中身の色が違います。(ぴっころ堂ホビー部ブログ)
 何ィーッ!!
 無駄に張り切りすぎだろスタッフ。
 ちなみに、他には赤・水色・ピンクオレンジなどがあるもよう…。
 何種類あるんだ…orz
 しかし…黒っていないのかなぁ…?

|

« 戯言&巡回 | トップページ | ぴっころ「武藤まひろ」レビュー(前編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198863/40442868

この記事へのトラックバック一覧です: ぴっころ「武藤まひろ」レビュー(後編):

« 戯言&巡回 | トップページ | ぴっころ「武藤まひろ」レビュー(前編) »