« 拍手レス | トップページ | 戯言&巡回 »

2008年3月 3日 (月)

武装錬金フィギュアコレクション「パピヨン」レビュー

武装錬金フィギュアコレクション
パピヨン

 


もっと愛を込めて!!

 おそらく、武装錬金ファンの誰もが最も待ちわびたであろうパピヨンフィギュア。
 いや、出るんじゃないかとは思ったけど、まさか本当に出るとは……。
 カズキも同時発売されてるあたり、オーガニックわかってるじゃないか。

  


 

 うむ。どこからどう見てもパピヨン。
 同時発売された三種類(カズキ・斗貴子さん・パピヨン)の中では、一番雰囲気が出ているのではないかと。
 どう考えても、一番気合が入ってます。この気合を少しでもいいから斗貴子さんに以下略。

 

 パピヨン頭部。
 あいもかわらずの髪の毛のもっさり具合だけれど、それ以外は完璧。
 残念ながら。ステキマスクははずせないけれど、マスクの下の素顔もバッチリ。
 マスクも、このサイズにしてよくもと思えるほどの出来。もちろんいい意味で。
 斗貴子さんのがっかりっぷりを思い返すと、いくらなんでもこの温度差はあんまりだ。

 
 

 上半身。
 素敵スーツの前面の紐の塗りわけは、わりとアバウト。
 造形に関しては言うことなく、細身ながらも筋肉質なラインがバッチリ再現されております。

 
 

 下半身。
 色々入ってるんだろうと思わせる、股間部のふくらみがステキデスネ(棒読み)。

  


ニアデスハピネス

 黒一色。
 まぁ、本編では黒色火薬の塊だから、間違いともいえなくもない。
 蝶の羽の模様のようになっており、雰囲気は十分。
 残念ながら、背中側は模様も何もないので、飾るときは前方側限定で。
 斗貴子さんやカズキのように、武装錬金のみの取り外しは不可能。

 

 

 

 

 

 

 

 

 うむ、これは良いものだ。
 これなら、2,000円の価値は十分にあるかと。
 主人公とライバルのフィギュアが、同時に発売なんてなかなかないからねー。
 お勧めの一品です。

|

« 拍手レス | トップページ | 戯言&巡回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198863/40361993

この記事へのトラックバック一覧です: 武装錬金フィギュアコレクション「パピヨン」レビュー:

« 拍手レス | トップページ | 戯言&巡回 »