« コメントレス | トップページ | 戯言&巡回 »

2008年5月19日 (月)

食玩 ミニプラ ケータイ捜査官7「フォンブレイバー7(セブン)」レビュー

食玩 ミニプラ ケータイ捜査官7
フォンブレイバー7(セブン)

 


いくぞ!バディ!!

 一部で評価の高い特撮ドラマ「ケータイ捜査官7」がミニプラに登場。
 水曜日の19時からとか。いいなぁ……。
 まぁ、田舎では当然のように見れませんけどね!!

 


モバイルフォーム

 元となった携帯「815T」よりも、大きさ的には一回り小さめ。
 ただし、厚さは本物と変わらず…くらいかな?
 最近携帯変えたんですけど、「815T PB」が候補の中に入ってたんですよね。
 やめといてよかったかも。

 

 開くとこんな感じ。
 ボタンとディスプレイ部分はシール補完。
 

 


アクティブフォーム

 折り畳まれていた手足を展開し、アクティブフォームへ。
 元のフォンブレイバー7よりも、全体的に太め。
 本体がプラ製なので非常に軽く、成型色とあいまって安っぽい印象。
 まぁ、実際350円と出来に反してお値段安めなんですけど。 

 

 可動は非常に優秀です。
 といっても、デザインの関係上動くのは手足だけなんですけど。
 肩は真横まで上がります。
 上腕と大腿部にロール可動。
 肘・膝共に二重関節で、180度曲がります。
 どれも「モバイル←→アクティブ」変形のために必要な動きなので、変形の恩恵を受けているともいえますが。
 ただ、関節は全てプラ摩擦での保持なので、ヘタレに注意。
 ものによっては組んですぐヘタレる場合もあります。それ、うちのセブンだ。
 また、重心が高い位置にあるのに接地面積が小さいので、自立は非常に困難。
 上手くバランスをとらないと、素立ちでも自立しません。

 

 ボタン部分はシール。
 思ったよりは細かいですが、まぁ、それなり。 

 

 携帯上部にはディスプレイ…フェイス部分を交換するためのスリットがあります。

 

 フェイス部はカード方式になっており、それぞれ表裏に異なった表情のシールを貼り付けます。
 これにより、ブーストフォンと合体した際の表情も再現可能です。 

  

 

 

 

 

 

 いくつか不満点はあるものの、値段のわりには出来がよいミニプラです。
 後日レビュー予定のブーストフォンと組み合わせて遊べることを思えば、十分遊べます。
 お手軽にフォンブレイバー7を楽しみたい人はぜひ。

|

« コメントレス | トップページ | 戯言&巡回 »

コメント

かっこいい^-^

投稿: | 2008年6月15日 (日) 09時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198863/41260993

この記事へのトラックバック一覧です: 食玩 ミニプラ ケータイ捜査官7「フォンブレイバー7(セブン)」レビュー:

« コメントレス | トップページ | 戯言&巡回 »