« STUDIO HALFEYE「完全変形サイバスター」レビュー(アクション編+オマケ) | トップページ | 戯言&巡回 »

2008年5月 9日 (金)

STUDIO HALFEYE「完全変形サイバスター」レビュー(サイバスター編)

STUDIO HALFEYE
完全変形 サイバスター
(サイバスター編)

 


過去も未来も 今の俺が守るのさ

 日向亭どっとこむ史上最大枚数の写真を使用してお送りしております、半眼様の完全変形サイバスターレビュー。
 ようやくサイバスター編のレビュー開始です。
 写真を撮っても撮っても撮り足りないってのは幸せですねぇ…。

 


 

 いま、一番お手軽に手に入れることが出来るサイバスターは、コトブキヤのプラモでしょうか?
 あれは全体的にスマートな造形で、バランスのいい出来でした。
 それと比べると、こちらは全体的に丸っこくてマッシブな感じになっております。
 どちらが優れているとかは個々の好みによると思いますが、設定画に近いのはこちらのほう。
 もうなんというか、ボリューム感がすごい。
 少し肩幅が広いかな?と思うけども、個人的にはこのプロポーションは嫌いじゃないですよ。
 バックパックの赤いとがった部分や、胸や背中や肩のとがった飾りの部分。あと、頭部のとさかと後頭部のとがったパーツは、全てやわらかい素材で出来ているので破損の危険性は少なくなっております。
 うん、転倒の危険性が高い機体なだけに、ありがたい配慮ですよ。 
 
 

 可動は良好です。
 肩は真横まで上がり、肘も90度まで曲がります。
 肩の飾りはボールジョイントで、上下だけでなく前後にも動かすことが出来ます。
 上腕部と前腕部にロール可動あり。
 特に前腕部のロール可動はありがたいですね。
 意外と省略してるメカ物も多いですが、前腕部が動かないがためにポーズがとれない…ということも多々ありますしね。
 また、変形との兼ね合いで腹部に可動部があり、胸をそらすことが可能なのですが、背中の重みに耐え切れてないようなので、もう少し何とかして欲しかったところ。

 

 肩に引き出し機構あり。
 胴体部にはギミックが集中しているはずなのに、肩の引き出しギミックまでつけるとは…。

 

 下半身。
 股関節の可動範囲は若干弱め。
 脚はこれ以上開かないのですが、まぁ、元々大きく足を広げて動くような機体ではないのでそれほど気にはなりませんな。
 思ったよりかっちりしているので、へたれる心配はなさそうです。

 

 膝は約90度。
 前方へ脚を上げようとしても、サイドアーマーの基部が引っかかってあげきることが出来ません。
 足首は、前後に動く関節と左右に動く関節で構成されているので可動範囲が広く確保されております。
 ネジでとめてあるのでへたれる心配もなし。
 サイドアーマーは、基部部分がロール可動します。

 

 爪が一つ一つ可動するので、足首の可動範囲の広さもあいまって接地性は上々です。
 脚は、どちらかというと前よりも後ろ側に良く動く印象です。

 

 ウイング基部は、上下だけでなく左右にも可動します。

 


*ロールオーバー

 一見あまり動かなそうな首周りですが、意外とよく動きます。
 思ったよりも上を向けるのがありがたいところ。

 

 頭部は、若干埋り気味な気もしますが、十分カッコいい造形です。

 

 半眼様といえばネジ!!…つーくらいのイメージがあるわけですが、今回は表から見えるネジの量は比較的少なめです。
 出来る限りネジが表から見えないよう、且つメンテがし易いような工夫がされています。
 

  

 肘のネジには肘カバーされており、前腕のネジにも取り外しが可能なカバーが被されております。
 大腿部は、外側の装甲を上にスライドさせることで装甲を取り外すことが可能です。
 膝のネジには、肘と同じようなカバーがかぶせております。

 

 足首から先は、まずつま先部分の爪が取り外し可能。
 また、踵部分の爪も取りはずすことが出来ます。
 足首両側の爪には、二箇所取り外せる部分があります。写真では片方しか取りはずしてませんが、実際は残った紫の部分も取り外すことが出来ます。

 

 ウイングの根元の部分もスライドさせて取り外しが可能です。
 …あー、背中のロック外れてますね。

 

 付属品。
 ディスカッター一振りと、右の持ち手。両の平手。
 右、ハイファミリア×2。
 左、通販特典のファミリア×2。
 そして、いつものメンテ用プラスドライバーが一本です。

 

 ハイファミリアには特にギミックはありません。
 若干バリが残ってましたが、細かいところまで造形されております。

 

 通販特典のファミリア。
 あからさまにハイファミリアより気合入ってます。
 造形もこちらのほうが細かいし、パーツもこっちのほうが多いってどういうことだ。

 


*ロールオーバー

 後ろの突起部分を開くことで、ビームの発射口が開きます。
 閉じるときに「カチッ」っと小気味良い音がしたときは、軽く幸せな気分です。

 

アクション編へ

|

« STUDIO HALFEYE「完全変形サイバスター」レビュー(アクション編+オマケ) | トップページ | 戯言&巡回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198863/41149846

この記事へのトラックバック一覧です: STUDIO HALFEYE「完全変形サイバスター」レビュー(サイバスター編):

« STUDIO HALFEYE「完全変形サイバスター」レビュー(アクション編+オマケ) | トップページ | 戯言&巡回 »