« BB戦士 三国伝No.01「劉備ガンダム(エフェクトパーツ付属Ver.)」レビュー(後編) | トップページ | 戯言&巡回 »

2008年7月24日 (木)

BB戦士 三国伝No.01「劉備ガンダム(エフェクトパーツ付属Ver.)」レビュー(前編)

BB戦士 三国伝 No.01 風雲豪傑編
劉備ガンダム
エフェクトパーツ付属Ver.

 


龍帝を継ぐ者

 趙雲ガンダムをレビューした勢いで、三国伝デビューですよ。
 ちょうど初期に発売された武将立ちに、エフェクトパーツが付属するということでちょうどいいタイミングだしね。

 さて。本家三国志では、ただひたすら周りに助けられてばかりだった劉備が、三国伝ではずいぶんとアグレッシブになり、「俺の名は劉備!!三璃沙を救う男だ!!」とか名乗りを上げてます。
 本家ではまともに戦ったことも、数えるほどしかないというのに…。

 

 軽装形態。
 ずいぶんとシンプル!!シンプルイズベスト!!
 ここまで白いと、これはこういうものだと諦めが付くというもの。
 なんか零一を思い出した。
 額の文字は劉備の劉の字をあしらったもの。
 足の裏に「劉備」のスタンプが仕込まれています。

 初回では、白ランナーの名前が「リュウビガンダム」だったのに、なぜか最近のものは「BB三国伝 ホンタイ1」になってます。具体的には、関平ガンダム以降。

 

 腰以外の関節。首、肩、腕、手首、股関節、足首がそれぞれボールジョイントなので、可動範囲は見た目より広いです。
 とはいえ、やはりシリーズ最初のガンダムなので、今のものと比べると若干可動範囲が狭いです。主に股関節ですが。
 趙雲ガンダム付属の、飛影閃にはまたがれません。乗せるだけ。

 

 鎧着装。
 基本的に、額・胸・腰に鎧をつけ、肩に肩当を、背中にバックパックを背負うのが三国伝スタイル。
 鎧を着せても、殆ど可動に支障がないのがありがたいところ。
 色もカラフルになり、軽装状態との違いがはっきりしています。

 


牙龍刀

 

爪龍刀

 背中に装備された、赤と青の片刃の剣。
 造形自体は同じものです。ただ色違いなだけ
 ゴメンナサーイ。ワタシウソツキマシター。
 造形は微妙に違います。本当に微妙ですが。(08/07/27修正)

 

 バックパックに装備された羽が展開します。

 


龍帝剣

 龍帝の後継者である、劉備のみが振るうことが出来る宝剣。
 趙雲ガンダムの手によって、ついに劉備ガンダムの元へ。

 

 武器エフェクトキャンペーン中に再販された「劉備」「張飛」「関羽」「曹操」「孫権」にそれぞれ付属してくる、武器のエフェクトパーツ。
 対象製品にはシールが貼ってあるので、一目でわかります。

 

 装備してみた。
 取り外したパーツを、剣に巻きつけるように取り付けます。
 写真ではぐるぐる巻きつけてますけど、あんまりやるとパーツが変形するので、実際はここまでまきつける必要はありません。
 うん、カッコイイですよ。
 カッコいいんですけど、付属のチラシ見たら、これ赤と青パーツ逆だな。

 

 「龍帝剣」なんだから、同時につけるくらいの勢いは欲しいよね。

 

 オマケなんですが…。
 趙雲ガンダムに付属する龍型のオブジェ。
 取り付けは無理かと思いましたが、存外綺麗にはまりました。
 もっとも、色が同じせいでいまいちぱっとしませんけどね。

 

アクションへ

|

« BB戦士 三国伝No.01「劉備ガンダム(エフェクトパーツ付属Ver.)」レビュー(後編) | トップページ | 戯言&巡回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198863/41959882

この記事へのトラックバック一覧です: BB戦士 三国伝No.01「劉備ガンダム(エフェクトパーツ付属Ver.)」レビュー(前編):

« BB戦士 三国伝No.01「劉備ガンダム(エフェクトパーツ付属Ver.)」レビュー(後編) | トップページ | 戯言&巡回 »