« 戯言 | トップページ | 食玩 ムゲンバイン「ムゲン剣聖獣」レビュー(前編) »

2008年7月18日 (金)

食玩 ムゲンバイン「ムゲン剣聖獣」レビュー(後編)


 

ムゲンアーサー

 ナイト・ライオ・ユニコーン・リヴァイアサン・フェニックスが合体した、誇り高き無限英雄王。
 すごい量のパーツが合体したわりには、スマートなヒーロー体型。
 まさに、英雄王の名にふさわしき姿。
 …個人的には、脚が長すぎる感じがするんですよね。
 膝下が長すぎて、少しバランスが悪い感じもしますし。
 まとまりという点においては、前作のムゲンファラオのほうが上だと思います。

 

 可動、相変わらず優秀なのですが…。
 太ももが短いので、脚の可動が生かしきれません。
 肘は90度程度なのですが、手首側にも可動部があるのでポーズがつけやすいです。
 腰周りは、フロントアーマーだけでなくサイドアーマーも可動するので、脚の可動を妨げません。

 

 正直言って、ここまでは総合的に見てムゲンファラオのほうが出来がいいと思ってたんですよね。
 あちらのほうが、全体的にまとまりが良く、雰囲気の統一感があったんで。
 ただ、いざ組み替えてオレバインを作ろうとすると、いくらでも出てくる。やばい、どうしよう。
 組み替えて違う姿にするのが楽しくてしょうがない。
 おもえば、ファラオは確かにまとまりがあったものの、まとまりすぎて別の姿にはしにくい印象だったんですが…。
 アーサーはいくらでも思いつきますね。
 これがムゲンバインの真価か…。

 


 

ムゲンオレアーサー

 と、言うわけでオレアーサー一例。
 脛側が長すぎてバランスが悪かったので、パーツを一つ取り外しました。
 そして、なんだかんだ言ってみんな翼好きだろ?
 できるだけ大きく見える翼を構えてみました。

 

 オレファラオとオレアーサー。
 元のムゲンファラオとムゲンアーサーも、ライバルらしいです。
 ライバル設定はやはり燃える。
 

 

 

 

 

 

 いやー、楽しいなぁー!!
 組み換えが楽しくてしょうがない。まんまとキャンディ事業の思惑に、どっぷり浸かってしまった感がありますが、だがそれがいい…
 世の中には二セット分使って組み換えを楽しんでいる兵もいるようですが、自分も仲間入りしてしまいそうです。
 まだまだ店頭には並んでいるはずなので、なくならないうちにダッシュだ!!

|

« 戯言 | トップページ | 食玩 ムゲンバイン「ムゲン剣聖獣」レビュー(前編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198863/41894287

この記事へのトラックバック一覧です: 食玩 ムゲンバイン「ムゲン剣聖獣」レビュー(後編):

« 戯言 | トップページ | 食玩 ムゲンバイン「ムゲン剣聖獣」レビュー(前編) »