« S.I.C.「仮面ライダー電王 ソードフォーム」(後編) | トップページ | 戯言&巡回 »

2008年7月30日 (水)

S.I.C.「仮面ライダー電王 ソードフォーム」(前編)

S.I.C. VOL.42
仮面ライダー電王 ソードフォーム&モモタロスイマジン
~ソードフォーム編~

 


「最初からクライマックスだぜ!!」

 「カブト」をすっ飛ばして、いち早くS.I.C.化を果たしたのは、小さなお友達から大きなお友達にまで大人気。放送が終了した今になっても、続編の噂が絶えない「仮面ライダー電王」より、ソードフォームとモモタロスイマジンです。
 すげぇ…。クウガも大概人気だったけど、ここまでになるとは…。
 ちなみに、かなり久しぶりのS.I.C.レビューです。

 


プラットフォーム

 なかなか単純ながら、上手いネーミング。
 いかにも「素体」という感じが出てますな。
 若干胴体部が太めでバランスが悪い感じですが、それ以外に目立っておかしな部分はなし。
 胴体アーマーが若干外れやすいかな?多分個体差。

 

 可動。
 ひさしぶりにS.I.C.を触ったけれど、うわー何これ。スッゲェよく動く。
 よく動くだけでなく、関節の強度も上々。昔は、レビューのために動かしただけでヘタレていたこともあったというのに…。
 若干股関節の前後の動きが弱めかな?まぁ、多少厳しい目で見ればの話ですけど。

 

 腰部サイドアーマーは、二箇所で可動するので本体の動きを妨げません。
 地味だけど、これは良い配慮。

 

 バックル。
 プラットフォーム時は無色のクリアパーツです。

 

 換装パーツ。
 電仮面・胴体部アーマー・バックル・太腿パーツ…。
 あれ?やたらパーツ少なくね?
 なんか共通パーツが胴体だけとかそういう換装玩具ばっかりだったから、これだけ換装パーツが少ないのは逆に新鮮…。

 

 この太腿のギミックは、シンプルだけど面白いと思いますよね。
 地味に左脚のほうが、換装パーツの大きさが大きかったりします。

 


ソードフォーム

 ウム、カッコイイですよ。
 オリジナルと比べても、それほど奇抜なアレンジはされてませんが、まぁそれはそれで。
 この状態でも、可動はプラットフォームとほぼ同じです。
 まぁ、換装パーツが少ない上に、形状が大幅に変わったわけでもないですから。
 ポロリが少ないのは好印象。
 
 

 付属品。
 デンガッシャーソードモード用のオーラソード。
 ライダーパス。
 交換用手首。デフォの握り手のほか、両平手・両武器持ち手・右指立てが付属。
 武器持ち手のみ横方向に可動します。他は前後方向への可動。
 腕に接続する部分は、ボールジョイントではないので着け外しは比較的スムーズです。
 パーツ自体も長さがあるので外れやすいということはありません。

 

 デンガッシャーパーツ。
 設定どおり四つのパーツに別れ、他の形態へ組み替えることも可能。ガンモードのみ無理のようです。
 先端部分がポロリしやすく、また組み上げたときにソードの背中側に付けるガッシャーのパーツが外れやすいのも気になるところです。
 双方共に小さなパーツなので、遊んでいるうちに紛失しないように注意。

 

 ソードモード。
 軽いしそれなりに長さもあるので非常に扱いやすいです。
 持ち手も可動するのでポーズがつけやすい。
 ただ、軸が丸軸なので、ポーズによっては手首がクルリと回転してしまうことがあるので注意。

 

 ライダーパス。
 さすがに開閉はしません。

 

アクションへ

|

« S.I.C.「仮面ライダー電王 ソードフォーム」(後編) | トップページ | 戯言&巡回 »

コメント

お久しぶりです、お元気そうで何よりです。
だいぶ前にそちらにメールを送った以来でしょうか?無事に届いていればよいのですが。

S.I.C.シリーズは色々あって悩みつつも、以前から555のが欲しいなぁ~と思いつつ
結局は買えないでいたのですが、これはかなり惹かれました。
電王は残念ながら通しで視聴できなかったので、クレしんとのコラボ作品とケロロでのパロディーの記憶が強いのは秘密です。

…地味にサイバスターの台がうらやましくみえたのはさらに秘密です。はやくダイガードでないかなぁ(ええっ?

投稿: 風野未来 | 2008年8月 2日 (土) 02時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198863/42014331

この記事へのトラックバック一覧です: S.I.C.「仮面ライダー電王 ソードフォーム」(前編):

« S.I.C.「仮面ライダー電王 ソードフォーム」(後編) | トップページ | 戯言&巡回 »