« コメントレス | トップページ | BB戦士 三国伝No.13「轟強襲水軍」レビュー(前編) »

2008年8月13日 (水)

BB戦士 三国伝No.13「轟強襲水軍」レビュー(後編)

BB戦士 三国伝 No.13 英雄激突編
轟強襲水軍
戦闘艇バリエーション


戦船形態

 全ての基本となる形態。ここからさまざまな形態に変形していきます。
 いかにも「船」って形ですね。
 水軍衆たちが乗り込む場所が少ないのが難点。
 あと、主砲代わりの弩弓が使用不能だよね、これ。

 

 

 


楼船形態

 水上での本陣ともいえる、司令船形態。
 主に周瑜が乗り込むそうですよ。
 物見櫓っぽいのがらしくていいですな。

 

 

 


強襲形態

 「突撃ーっ!!」な形態。
 水軍衆を配置できる場所が多くなり、敵船に乗り込むことを前提とした形態だというのがよくわかります。
 なんとなくアーガマっぽい。

 

 

 


前線基地形態

 敵の侵攻を食い止め、陣地を守るための形態。
 船体が広がったことで、基地っぽい感じはします。
 虎のマークを高々と掲げ上げているのもいい感じ。

 

 

 

 そのほかにも、組み換えによってオリジナル形態を作ることも可能です。

 


要塞形態

 じっくりと腰をすえて戦うための形態。

 


偵察形態

 やっぱり戦争は情報が命ですからねー。
 偵察するための船も欲しいですよね。
 


 
 
 うむ、実に楽しい。
 単純な組み換え遊びなんだけど、それぞれの形態をどういう目的で使うかを考えながら作るのは、存外楽しいですよ。
 自分で作ってなんですが、偵察形態はお気に入り。
 こじんまりとしていながら、水軍衆が三人乗れるところとか。

 今回は呂蒙と甘寧をあえて乗せませんでしたが、もちろんその二人を絡めても楽しめます。
 値段的に2,000円近い大型商品ですが、その分はしっかり遊べるとおもいますよ。

|

« コメントレス | トップページ | BB戦士 三国伝No.13「轟強襲水軍」レビュー(前編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コメントレス | トップページ | BB戦士 三国伝No.13「轟強襲水軍」レビュー(前編) »