« コメントレス | トップページ | コトブキヤ SRG-S 025「グルンガスト零式」レビュー(前編) »

2008年8月 4日 (月)

コトブキヤ SRG-S 025「グルンガスト零式」レビュー(後編)

 


ハイパー…ブラスター!!

 


ブーストォッ!!

 


ナッコォーッ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎回言ってる気がしますが、良きプラモです。
 ブースターの数さえ除けば比較的組みやすいキットだし、付属品は少ないものの零式斬艦刀というインパクトの強すぎる武器が付属しているので、満足感はあるかと思われます。
 可動も、想像していたよりよく動いてくれたしね。
 それだけに、あの肩の受けの白化だけが不安材料。
 場所が場所なだけに動かす回数も多いし、負荷もかかる位置なので割れは必至。
 そのときにどうやって補修すれば良いものやら…。
 このままグルン系を出すのなら、この部分を何とかして欲しいものです。

|

« コメントレス | トップページ | コトブキヤ SRG-S 025「グルンガスト零式」レビュー(前編) »

コメント

あぁ、メールは届いているようで何よりです。

零式、これまたかっこいいですなぁ。
ブースターの取り付けは大変そうですが…
肩の部分はボリュームがあるだけに仕方ない部分かもしれませんね。

ところで、1/144のダイゼンガーが欲しいと思いつつ値段を見ると発光ギミックと
ボイスギミックがつくとはいえ定価で3万円越えなのでさっそく凹んでいます。
まぁ、きっと年末にレビューしてくれることでしょう…

そういえば、夏の祭りは参加されるのですか?

投稿: 風野未来 | 2008年8月 7日 (木) 01時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198863/42061610

この記事へのトラックバック一覧です: コトブキヤ SRG-S 025「グルンガスト零式」レビュー(後編):

« コメントレス | トップページ | コトブキヤ SRG-S 025「グルンガスト零式」レビュー(前編) »